電話占いの料金形態が課金型だった場合は注意が必要

  • 先回、料金について損をしないための方法論を少し紹介させてもらいました。
  • 今回も、この料金繋がりで、少しお話をしていきたいと思います。
  • 先回の記事でも触れた通り、電話占いサービスというものは、決して安い買い物ではありません。
  •  
  • それなりの値段になってしまうこともあるため、注意が必要なのです。
  • ここでは、特に注意すべき料金形態について触れていこうと思います。
  • 電話占いを初めて利用する場合は、必ず頭に入れて注意をするようにしてください。
  •  
  • ■1分ごとに課金されるタイプは注意が必要

  • スタンダードな料金システムではないため、あまり見ることがないかもしれませんが、1分ごとに課金されるタイプのサービスが存在します。 ちなみに、スタンダードなタイプは、5分単位や10分単位で予約をして料金を支払うというもの。
  • 例えば、17:00~17:30を予約して料金を支払う形になります。
  •  
  • 1分200円の占い師だった場合は、30分の予約になるため、合計6,000円の支払いに。
  • これ以上にもこれ以下にもならないシステムなので、安心して利用することができます。
  • しかし、時間が限られており、占いが中途半端になる可能性も(延長ができないことが多い)。
  •  
  • 対して、課金タイプのシステムは、時間で区切るような予約ではなく、フリーで占いをしてもらうことができます。
  • 中途半端に終わる可能性は少ないですが、あっという間に時間が過ぎてしまい、60分…90分とついつい長くなってしまう懸念があります。
  •  
  • したがって、この手のシステムだった場合は、アラームなどをセットするなど、時間に区切りを付ける工夫が必要です。